†+.毎日がGRIMLY.+† ~phase2~

GRIM ROCK/PSYCHOBILLYバンド”GRAIS”のギタリストkatzGRAISのGRIMLYな日々。
www.GRAIS96669.com








<< 大人の動物園 | main | 先週のあんなんこんなん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.12.15 Tuesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
カツ散歩〜盛岡ライブの帰り道編〜
おはようございます。
夜には茂みの奥から虫の声。
、、、無視!

夏まだ終わってないもん!!
認めないもん!!!

カツぐれです。

さて、盛岡の話は前編&後編に続いてようやく帰り道に差し掛かって参りましたね。(←もうそろそろまとめたい。笑)

後編で乾杯してホテルに帰ってしっかり寝たあと、朝はゆっくりチェックアウトギリギリまで寝てやりましたよ。ええ。

10:00チェックアウト。
「よし、今日こそ盛岡らしいもん喰ってやっがんな!」
と、地元っぽいニュアンスで(←雰囲気だけ)息巻いて部屋を出ました。


ホテルの従業員さんに聞いてみた。
「冷麺食べたいんですが、オススメあります?」
「◯◯◯とか△△△がオススメ有名店ですね。営業時間が、、、あ、11:00から、、、、ですね」(←上目遣い)

「!?」

「こちらの店も、、、11:00ですね。」(←伏し目がち)

「!!」
ありがとうございました。

、、、街へ出よう!
盛岡タウンをパトロール。

、、、冷麺ない!


刻一刻と急かす秒針。






「フレッシュネスバーガーのブルーチーズバーガーおいしー!620円?高っ!」
無駄にテンションをあげて行ぐ!
、、、遅めの朝飯ハンバーガー!

※ズーラシアでも売ってたな、、、コレ!涙
※※しかも前日ライブしたハコの真ん前のフレッシュネスバーガーやし。失笑



、、、結局盛岡らしいモンなんにも喰ってない!!
帰りましょう!


シュールな店名が車窓を流れて行きました。



ここから我々は、被災地の現状を確認しに行ったんです。
とはいえ、夜には東京に戻らねばならんし、他にも寄る場所もあるし、、、

メンバーに無理言って、海沿いの町に寄ってもらい、直ぐに出発という強行スケジュールを決行。
「今更なにを、、、」
などと言われるかもしれませんが、自分の目で確かめたかったんです。


午前中の東北道は晴天でした。
途中寄ったPAで
「カツぐれさんですよね?」
とロックなお兄さんに声をかけられました。(←オレめっちゃ土産選んでたw)

彼らは過去に音源送ってくれたりした秋田のサイコビリーJugglers Go!Go!のメンバーでした。
「偶然!でもやっと会えましたね!」
つって握手。
この後郡山でライブだということで、安全運転を約束して別れました。
今度は対バンしたいですね!


さて我々は地図と睨み合いつつ、東北道が最も海に近づく仙台あたりを目標に定めました。


仙台あたりで一般道に降りて、海の方へ向かいます。

流石に1年以上も経っているので、街中はほぼ機能回復している感じ。

潮風が感じられるくらいの場所になると、徐々に津波の爪痕と思われる光景が見えてきました。

壊れたままのガソリンスタンド。


海水による塩害(?)なのか、夏なのに枯れた土地。


遠くに瓦礫。


家屋の土台だけが残っている「元」住宅地。
雑草の生え具合が、あれから1年ちょっとの月日を感じさせていました。

当たり前ですが、そこにある全ての土台の上に家が建っていて、そこに人々の生活があったんですよね、、、なんて事だ。

トラックが何台も行き来して、まだまだ復興の為の作業が続いていました。

かなり片付けられている今の状況でさえ、思った以上のショックを受けました。

短い時間で理解できたことは限られているでしょう。でも自分の目で確認する事で、より深く受け止めることが出来たと思います。

付き合ってくれたメンバーに感謝。




さて先を急ぎましょう。
ここから今度は水戸へ!

午後の東北道〜常磐道。
新曲のアレンジミーティングをしながらドライヴィング。(ツルは寝てたけど。失笑)

腹減ったー飯だメシー!
ちょっと我慢して水戸まで参りましょう!

ってなワケで、続きは
カツ散歩〜水戸こうもんフェス編〜
で!(←まだ終わらんのんかい!)


今週末は晩夏のサイコビリーイベントラッシュですね!(GRAIS出演は8/26だけですよw)

8/24(金) 新代田FEVER
"BIG YOUTH"
TOKYO PSYCHOBILLY OLD BOYS/SUPER WOOD CHUCK ZERO ONE/SCAMP/OLEDICKFOGGY/CRACKS

8/25(土)下北沢SHELTER
「PSYCHOHOLIC REVOLT 10 "BLOODY CHAINSAW" RELEASE PARTY!!CRACKS ONEMAN!!」OP 19:30

8/26(日)は昼間っから埼玉でGRAIS!詳細はこちら。


皆さんそれぞれの夏を満喫ぃよろしくどうぞ!
【2012.08.22 Wednesday 11:11】 author : katzgrais | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2015.12.15 Tuesday 11:11】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://katzgrais.jugem.jp/trackback/557
トラックバック
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
Hack The World
Hack The World (JUGEMレビュー »)
GRAIS
GRAISの2014年最新シングル。
名盤7インチ "Hack The World" 待望のCD化! 限定紙ジャケ仕様! !
1. Hack The World
ある精神病棟の物語。悲しいクラリネットの調べから始まるイントロを切り裂くように、本編は壮快な疾走ナンバー! 印象的なギターリフとサビのメロディが耳に残るタイトル曲。ゲストプレイヤーにJunko (Villainz):クラリネット、Shoji (Snakes):ギターが参加。
2. What's Inside A Girl?(The Cramps)
ご存知The Crampsの1曲をGRAIS流にカバー。スライドギターをフィーチャー、クリア声とダミ声のダブルボーカルなど、リスペクトとアイディアに溢れるカバー曲!
3. Second Hand
柱時計の振り子ともに綴るインストナンバー。秒針にピッタリシンクロするゆっくりテンポのナンバーなのに、本作中で最も残虐なサイコビリー臭の強い1曲。

【GRAISとは?】
2001年横浜で結成されたサイコビリー / Grim Rockトリオ。
「雨のロンドン?ヨーロッパの匂いがする」「妖艶で骨太なエンターテインメント」等と評される事も。
ジャンル的にはサイコビリーに括られるにも関わらず、洗練されたロックサウンドが特徴。
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP